剥製工房★GALAXY > 青物剥製作品集

青物剥製作品集

画像をクリックしてください。アップの画像に切り替わります。
形や塗装のコンセプトや製作過程におけるこぼれ話・感想などを記載致しましたので、
画像と合わせてご覧ください。

No. 写真 販売 コメント
魚種・全長
01 ホワイトボード+壁紙のアクリルケース仕様のヒラマサの剥製です。
流れるようなボディラインを大切に、最も自然なスタイルで仕上げました。
目力を出すため、強めにゴールドのリングを入れ、下向きにギョロっと
アングラーを睨ませましたが、画像では迫力や凄味が伝わりにくいですね。
ヒラマサ・81cm
02 - メーター級のヒラマサの剥製です。
シーバスや真鯛は釣り上げても、イマイチ何を考えているのかよく分かりませんが、
ヒラマサの顔には、表情がありますね。
アングラーを睨みつけるような、ヒラマサの目、悔しさが伝わって来るようです。
ここを意識しましたが、もっと「ギロッ!!」と睨ませてもいいかもしれませんね。
ヒラマサ・97cm
03 - メーターオーバーのカンパチの剥製です。
「これでもまだ小さい方」とのことですが、物凄い迫力ですね。
カンパチもいろいろな色彩のがいるけど、ご要望が「やや強めの紫系」でとのことだったので、強めに紫系を吹きました。
単調な紫ではなく、カンパチの微妙な「紫」を出すのは難しいですね。
カンパチ・107cm
04 - ジギンガーの憧れのターゲット、ヒラマサの剥製です。
下のヒラマサと同じコンセプトなのですが、こちらは頭がずんぐりしていて小さく、
ボディが太い、よりヒラマサらしい体型と言えるのかもしれません。
自分自身は、この魚にはいつも苦杯を舐めさせられています。
ヒラマサ・86cm
05 - 近海ジギングのメインターゲット、鰤(ブリ)の剥製です。
鰤に限らず、青物の剥製制作において、一番悩ませるのがその色彩です。
見る角度によって、ブルーに見えたり、グリーンに見えたり、白っぽく見えたり・・・
でも、この色彩の違いは、見る角度や光量によるものがほとんどです。
となると、こちらからある程度提案せざるを得ませんので、今までの自分自身の、
経験をもとに試行錯誤を繰り返し、これが一番と思える塗装をしました。
鰤・93cm
06 - 尾を下になびかせた形の鰤の剥製です。
上の画像とはずいぶんイメージが変わりますね。
形はご依頼者様の好みなのですが、こちらの方が生命観が出ますね。
鰤に限ったことではないのですが、剥製は下から見上げることの方が多いので、
下に曲げると、魚と目が合うような感じになるからでしょうね。
鰤・86cm
07 - ヒレナガカンパチの剥製です。
カンパチと比べて名前の通り、ヒレが長いのが最大の特徴なんですが、
色もカンパチほど紫が強い個体は少ない様な気がします。
もちろん海域や、季節、水深などによる個体差が大きいとは思いますが・・・
普通のカンパチとはベースの色を少し変えてみました。
ヒレナガカンパチ・67cm
08 - 尾を自然に上になびかせた、もっともオーソドックスな形のヒラマサの剥製です。
ヒラマサに限らず、鰤・カンパチなどの青物は、大きく曲がった形を取るイメージがないのと、
サイズ的に、その大きさだけで十二分に魅せられますので、
ストレートに表現するのが一番ですね。
ヒラマサ・82cm
09 - 丹後のメジロの剥製です。
夏の青物らしいややスリムな体形ですが、それでも間近で見ると、迫力ありますね。
明るいブルーで仕上げた魚体は、真夏の晴天の昼間に太陽に照らされているイメージです。
メジロ・68cm
10 - オーソドックスなスタイルの鰤の剥製です。
根や障害物に付かない回遊魚は、高価な無垢の一枚板にするのもいいですが、
ホワイトボードでも十分見栄えがすると思います。
鰤・90cm

工房★GALAXY > 青物剥製作品集 (▲ページの先頭へ

当サイトの文章ならびに画像の無断転用及び無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2005 Galaxy Factory All Right Reserved.